ちょっと珍しい紅茶が飲みたいな?と思うときに訪れるお店。神戸BAL店にはサロン・ド・テも併設されており、紅茶とともにケーキやちょっとしたものをつまむことができます。紅茶専門店ですが、お茶の範疇に入る茶葉は広く揃えられています。中国が産地の白茶やハーブティーに近いものまであります。
マルコポーロが有名ですが、今回来年の干支にちなんだ十二支のお茶/鼠(テ・デ・シーニュ・ラット)を年末年始に飲もうと思い購入しました。このお茶は珍しくインクブルーの色をした紅茶です。ウーロン茶ベースにクコの実と柑橘の香りのする紅茶でストレートですっきりと楽しめました。少し砂糖を加えても十分美味しくいただけます。スイーツのお供だけでなく、食事の後のお茶としても十分楽しめる紅茶でした。
本当に沢山の種類の紅茶が店頭には売られているのでいつもあれこれ目移りしてしまうお店です。

冬になるとなぜかほうじ茶が恋しくなります。私にとってほうじ茶と言えば一保堂のほうじ茶です。すこし香ばしくて苦みのあるほうじ茶が気温とぴったりくるのです。個人的にはお饅頭のお供には緑茶よりほうじ茶のほうが好みです。
お正月に飲む大福茶も年末近くになると店頭に並びます。手軽なティーバックも販売されていますし、普段使いの緑茶から進物用のお茶まで幅広く売られています。どこの百貨店でも大抵取り扱われているので、手に入りやすいことも魅力の一つです。

 リコリス(甘草)がベースのハーブティーです。お砂糖を入れなくてもリコリスの自然な甘さがしっかりとするハーブティーです。有機リコリス・有機スィートフェンネル・有機ペパーミント・有機バジル、100%オーガニック認定のハーブのみを使用したカフェインフリーのハーブティーです。
ペパーミントがブレンドされているのですっきりとしたところもあるのが魅力です。リラックスして過ごしたいとき、眠る前のひと時に飲むと体の中から温まってゆったりとすごせます。